学生街の脱毛サロン事情について、例えば立川とか。

八王子は当然のことながら学生がホントに多いわけですが、
大学生くらいになるとワキ脱毛にいくのは普通になるかと思います。
医療脱毛は高いし痛いし・・・なのでやっぱりまずは気軽に行ける脱毛サロンですよね、うん。

でも同じ学生の街では立川のほうがかなり脱毛サロンが多く、選択肢も広めになっています。
学校としては中央大、帝京大を筆頭に、
国立音大や実践女子大など有名大学が八王子並みに目白押しですよね。
誰がどう見ても学生の街、と言っても良いと思います。

何が違うっていうと、ミュゼとかのワキ脱毛で優秀なサロンは同じなんですが
全身脱毛が売りの脱毛サロンが多いってことですね。
キレイモや脱毛ラボ、エタラビなどは立川にはありますが(それも駅前にね!)、
八王子にはまだその辺の店舗が揃っていません。
ここが圧倒的な立川との差、でしょうか。
これについては脱毛 立川のまとめサイトでもよく事象がわかります。

ただ私もわからないのが、単純に人口だけで見たら八王子のほうが多いんですよね。
それも1.5倍くらいも。
これはたぶんですが、年代別の分布がキーポイントかもしれません。
つまり、若い方の人口でいえば立川のほうが多い!ということです。
当然、お年寄りは脱毛サロンなんて絶対に行きませんからね。
絶対数ではなく、若者、具体的には20~30代がどれくらい多いか、これが鍵のような気がします。
確かに立川は高齢者も多いですがその分若者もかなり多いですしね。
それに駅前の発展具体も立川のほうが圧勝です。

以上、ざっくりとした立川との比較情報をお届けしましたが、
ワキ脱毛であればあまり影響はないのでさらっと読み流してもらえればと思います。

コメントは受け付けていません。